Home

あなたに寄り添い、症状の改善を共に目指したい。明るい笑顔と生活を取り戻そう!

日常生活においてメンタルが疲弊している人、何らかのメンタル疾患を患う人は悲しいことに、年々大幅に増え続けているのが現状です。
そのキッカケの多くは、家庭環境・仕事などが圧倒的であり、多くの人が悩み苦しんでいます。

メンタル支援.comは、そんな方々へ症状改善のための有意義な情報やカウンセリングを提供することにより、一人でも多くの人を救いたいという思いから立ち上げました。

疾患における基礎知識を吸収することで、自分自身で回避出来るノウハウを身に付けて欲しいのと同時に、体勢を立て直すためのカウンセリング支援を実施することにより、現状よりも快方へ向かうことを願っています。

治療の基本スタンスは、絶対に欠かせない「クスリの服用」と、カウンセリングを効果的に利用することで、快方へ進むスピードが変わる。

メンタル疾患の治療にはクスリは欠かせないものです。欠かしてしまうことにより、せっかくのコンディションが崩れるというケースが多々あります。まずはクスリの服用を怠らないことが、快方への道です。

そして次に大切なのが、カウンセリングです。カウンセリングを受けることによって、モノの考え方を変えることが出来たり、振り返りをすることが出来たりすることで、自分の今の状況そのものを見つめ直すことができ、それが大幅な改善に役立つケースがあります。

より優しく穏やかなカウンセリングが受けられると、脳や心身の状態を快方へ向かわせるスピードが加速します。

当サイトについて

現在、当サイトでは、「うつ病」「双極性障害」「やる気Upの方法」についての情報を公開しています。今後、その他の疾患や、様々なメンタルの疲弊についても、情報を公開して行きます。

各疾患のサイトはこちらから、ご覧ください。

表面化している精神疾患を有する総患者数は392万4000人!

平成26年度における厚生労働省の調査では、精神疾患を有する総患者数は392万4000人と言われています。そのうち、統合失調症・うつ病・双極性障害・神経症障害・ストレス関連障害・身体表現障害については、261万3000人と、全体の66.6%と脅威的な割合を占めています。

データは平成26年のものなので、令和元年5月現在では、精神疾患を有する総患者数は恐らく400万人を越えた人々が苦しんでいると予測されます。

上記の数値は実際に病院で受診してる人口のため、メンタルが疲弊しているが病院にかかってない人は含まれません。ということは、メンタルで何かしら苦労しているひとは、想像できない規模の人数なのかも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする