【参考データ】双極性障害(躁うつ病)と診断されるまで

「双極性障害(躁うつ病)と診断されるまで」について(回答者数:211

双極性障害(躁うつ病)と思い当たる症状が出た時期については、診断の1年以上前からという方が約8割、5年以上前からという方が約半数でした。


また、初回の受診で「双極性障害(躁うつ病)」の診断名がついた方は13%にとどまり、20回以上受診されてはじめて「双極性障害(躁うつ病)」と診断がついた方が半数近くにのぼります。


最初についた診断名の約6割が「うつ病」であることからも、多くの方がうつ状態のときに受診されていると考えられます。


一般に、双極性障害の診断は難しいといわれています。今回のアンケート結果にもあるように、多くの方がうつ状態の時に受診されるため、診察室の情報だけでは躁症状(双極性障害)を疑いにくいからです。


双極性障害とうつ病は治療薬が異なるため、正しい診断は正しい治療のための第1歩です。早いうちに正しい診断を受けるためには、現在のうつの状態だけでなく、過去に躁状態になったことがなかったか、家族や周りの人にも聞いて、小さなことでも医師に伝えるようにしましょう。


ほぼすべての方が、インターネットを筆頭に、書籍や病院の外来に置かれている小冊子などから、ご自分の病気について調べることがあると回答されています。


6割がスマートフォンユーザーで、mixiやフェイスブック、ツイッターといったコミュニケーションツールを利用されている方が多くいらっしゃいました。これらの新しいツールを利用した交流や情報収集は手軽で便利なものです。


ただし、夜更かしやストレスになって体調を崩してしまうこともありますから、無理せずに適度な利用に努めましょう。


※ 上島国利(精神科医師)昭和大学名誉教授が実施されたアンケート結果より引用