【参考データ】双極性障害 どんな治療をうけてるの?

「双極性障害(躁うつ病)の治療」について(回答者数:291

全体の51%が双極性障害(躁うつ病)Ⅱ型で最も多く、Ⅰ型の方は14%でした。双極性障害だけれど種類がわからないという方が意外と多く、約3分の1に上っています。最近の気分については、落ち着いている方が31%、うつ状態という方が約半数(47%)で、躁状態の方は12%でした。


ご自身の病気については「社会生活に影響があるので病気だと思う」(71%)、または「周囲の人が病気だというのでそう思う」(19%)と多くの方がご自身の病気を認識していると回答しており、「病気だとは思っていない」「性格だと思う」と病気の認識のない方は10%でした。


服用しているクスリについて

服用しているクスリについては、リチウム(81%)やバルプロ酸(57%)などの気分安定薬を飲まれていて、そのほかにも、非定型抗精神病薬を服用している方も15%いらっしゃいました。


クスリの服用回数については1日2回の方がおよそ半数(44%)、1日1回と3回という回答が同数(22%)、4回以上という回答も11%ありました。一方で、クスリを医師や薬剤師の指示通りに飲めているかという質問には、ほとんどの方(88%)が「きちんと飲めている」「だいたい飲めている」と回答されており、きちんと服薬できていない方は12%でした。


双極性障害は再発を繰り返しやすいのが特徴ですが、クスリを飲み続けることで再発のリスクを減らすことができます。治療によって症状が落ち着いてきても、自分の判断で用量を変えたり、服薬を中断したりしないようにしましょう。


気になる副作用があったり、服用回数を調整したいと思う場合には、かならず主治医に相談するようにしましょう。


※ 上島国利(精神科医師)昭和大学名誉教授が実施されたアンケート結果より引用