うつ病の基礎知識一覧

うつ病 良いカウンセラーの選び方

うつ病に限らずの話なのですが、様々な場面で力強い存在となってくれるのが「カウンセラー」です。自分にぴったりくるカウンセラーを探すには、ある程度の時間がかかることでしょうが、見つけておいて絶対に損はないです。むしろ得になることが多いでしょう。よく探してみると素晴らしいカウンセラー・・・

うつ病とカウンセリング ー認知行動療法ー

近年ではそれに追加して「心理カウンセリング」を受けることで、治療の効果が一層高まると言われてるようになりました。うつ病は1度よくなっても、再発する可能性が高い病気とも言われています。主にカウンセリングでは、「うつ病になったきっかけ」を振り返り、「同じようにならないためにはどうしたらいいか」をカウンセラーと・・・

うつ病になりやすい人の「考え方」のクセ

うつ病を引き起こす人の考え方は「ある一定のクセや傾向」があることが分かっています。こうした考え方のクセや性格に対して働きかけ、治療・予防したりする精神療法が「認知行動療法」です。物事について、悪いところばかりを見ます。かりに良い出来事があっても、悪く受け止める傾向があります。仕事上で成功しても・・・

うつ病になりやすい性格とは?

同じストレスを受けながら、うつ病になる人とならない人が存在するように、うつ病にはなるかならないかには、「個人差」があると言われています。その個人差の代表的なものとして挙げられるのは、ズバリ「性格」です。うつ病になった人が周囲からこう言われることが多いようです。「あの人は几帳面で真面目だから」「仕事好きで責任感が強い人だから」・・・

うつ病は遺伝する可能性がある?

自分自身がうつ病になった場合、子供もなってしまう可能性が高いのか、あるいは親族にうつ病患者がいる場合、自分もうつ病になる可能性があるのかと、そもそもうつ病は「遺伝」するのか?という心配が、ついて回る人もいるのではないかと思います。この件に関しては、これまでのうつ病と遺伝の研究から・・・

子供でもうつ病になる?

生きていれば、誰でも落ち込んだり、憂うつになったりすることが当然あります。これは子供にもまったく同じことが言えます。たとえば、自分は悪くないのに学校の先生に怒られたという場合。先生だから反抗することもできないため、自分の中に溜め込み、それが憂うつな気分を呼び寄せます。学校で友達とうまく付き合えない・・・

うつ病に悩む 中学生・高校生

昨今では、中学生・高校生のうつ病も珍しくなくなりました。過去には。青年期(思春期)での精神的な混乱状態は発達過程の正常な状態とされていましたが、1970年以降、青年期を対象に成人のうつ病基準をそのまま用いた研究が多くなされました。「うつ病」は、実は小学生でもなることがあり、中学生以降は急激に増えて・・・

うつ病と「燃え尽き症候群」

大きな目標を成し得た後のスポーツ選手や長年に渡る勤務を終えた後の定年退職者など、こういう人達にたまに襲いかかるのが、「燃え尽き症候群」と呼ばれる状態です。ある一つの目標や使命感に向けて長期間に渡って全力を注いできた人達は、ゴールに到達することで、それまでの熱く全身全霊を傾けていたような想いがフッと抜け出てしまうことが・・・

うつ病は怠け者ではない!

うつ病の症状で特徴的なもののひとつに、「自責の念」があります。行動力も思考力も弱り思うように動くことのできない「自分を責めてしまう」という症状です。うつ病は「目に見える病気」ではないため、周囲の人の理解を得にくいことが多々あります。うつ病という病気だから動きたくても動けないのに、それを理解してもらえないどころか・・・