うつ病の基礎知識一覧

うつ病とカウンセリング ー認知行動療法ー

近年ではそれに追加して「心理カウンセリング」を受けることで、治療の効果が一層高まると言われてるようになりました。うつ病は1度よくなっても、再発する可能性が高い病気とも言われています。主にカウンセリングでは、「うつ病になったきっかけ」を振り返り、「同じようにならないためにはどうしたらいいか」をカウンセラーと・・・

うつ病 良いカウンセラーの選び方

うつ病に限らずの話なのですが、様々な場面で力強い存在となってくれるのが「カウンセラー」です。自分にぴったりくるカウンセラーを探すには、ある程度の時間がかかることでしょうが、見つけておいて絶対に損はないです。むしろ得になることが多いでしょう。よく探してみると素晴らしいカウンセラー・・・

医師とカウンセラーの違い

心療内科(精神科)の医師と、カウンセリングを専門に行ってるカウンセラーとでは、「カウンセリング」に対する解釈が違うようです。医師の場合、カウンセリングとは「患者の話を聞くのがカウンセリング」と習ってきているようです。ですから、医師として適切な治療法を見つけ出すために「患者の様子を聞く」・・・

うつ病とカウンセリング

カウンセリングとは「専門家による心理的な援助」を指します。日本では、カウンセリングと心理療法は、ほぼ同じ意味として用いられています。カウンセリングの定義は様々ですが、それらの共通要素としては、次のように考えられます。心理学的な専門的援助である。会話を通じて、カウンセラーがクライアント・・・

うつ病とセカンドオピニオン

うつ病の治療をしていく上で、自分の掛かり付けの病院の医師にある種の疑問を抱く場合があります。うつ病は長期化する病気であるので、治療途中に・・・「この医師のいう治療法で本当に治るのであろうか・・・」「今、出されているクスリは・・・

うつ病の予後(うつ病の病気がたどる経過と結末に関すること)

うつ病は治療を始めればすぐに治療が終わるというものではありません。骨折など病院に通う必要のある身体疾患と同じように、治癒していく過程にはある程度の期間が必要になります。 治っていく経過も、良くなったり、悪くなったりという小さな波をもちながら・・・

うつ病に処方されるクスリの種類はどんなものがある?

うつ病の治療の基本は抗うつ薬が処方されます。さらにこれを補強する意味で、抗精神病薬や抗不安薬もよく使われます。抑うつ(気分が落ち込んで活動を嫌っている状況であり、そのため思考、行動、感情、幸福感に影響が出ている状況のこと。)気分の持続や希死念慮を特徴とするうつ病のような気分障害(MD)に用いられる精神科のクスリです・・・

うつ病の治療は焦ってはダメ!

うつ病になると、とにかく意欲が低下し物事が億劫になり、やる気が出ず、集中力も極度に低下します。これはうつ病の代表的な病状です。しかし内科的・外科的な見地でみると「カラダに異常はない」と見なされるので、うつ病に関して知識のない周囲の人は「もっと気合い入れて頑張れ」と期待してきます。そして本人もその期待に応えようと無理をしてしまうケースが少なくありません。

うつ病の治療

うつ病の治療にはまず第一にしっかりとした「休養」次に「クスリによる治療」そして「精神療法・カウンセリング」という大きな3つの柱で構成されます。脳の機能が障害が起こしてしまい心のコンディションに響く病気の治療は特別なものと考えられがちですが、決して特別なものではありません。何故なら、さまざまな病気の治療と何らか変わりはないのです。例えば・・・