うつ病の基礎知識一覧

うつ病になっても身だしなみには気を付けよう

うつ病になると、基本的には部屋にこもりっきりになることが圧倒的に多いでしょう。不眠だからこそカラダを起こしているのが億劫になり、気力もなく、布団に横になってじっとしているなんてことも多いのではないでしょうか。 そして、風呂に入ることや顔を洗う、歯を磨くことなどの身支度がとても億劫になり、何日も着替えず同じ部屋着を着たままに・・・

うつ病は「要休養」の究極のサインの表れ?

まともな休暇も取れずにただひたすらに仕事に追いかけまわされ、辛い仕事もこなしていれば、気付かぬうちに心身が疲弊します。これは誰にでも起こりえることなので、何ら不思議なことではありません。そこで、うつ病になる人とならない人には差があります。「ガス抜き」ができるかどうかです。ストレスが溜まってきたなぁ・・・疲弊してきたなぁ・・・

うつ病にも役立つ快適睡眠のコツ

自分にあった睡眠時間があります。時間にこだわらないようにしましょう。睡眠は疲れを取るためのものです。翌日にそんなに疲れが残らなければ、睡眠時間が短くても大丈夫です。日中の適度な運動は眠りを助けます。適度な運動は睡眠リズムに役立つだけでなく、抗うつ効果や抗認知症作用があります。規則的な食事は、体内時計を整え、生活のリズムを・・・

うつ病の家族や友人への接し方

家族にうつ病患者がいる、友人がうつ病だ、そんなケースも今では珍しくなくなりました。でも、それは同時に「うつ病の家族や友人にどう接して良いかわからない」、という困惑が生まれることにもなるでしょう。家族にうつ病の人がいる場合、その接し方にはとても大変な想いをしていることと思います。情緒不安定になり、ふさぎこんだり泣き出した・・・

うつ病患者がいる家庭環境の作り方

うつ病の人が家の中にいると、どうしても生活リズムが合わなくなってきます。 抑うつ症状から食事を取らなくなったり、睡眠薬によって朝起きれなくなったり、自然と家族で食卓を囲む機会が減ったりします。睡眠薬の適量が見つかるまでは、睡眠の状態も安定せず、昼頃にならないと起きてこないこともしばしばでしょう。薬の副作用から、黙って座っていられず・・・

うつ病 家族への伝染

うつ病者の家族を世話する方が、新たなうつ病患者になるリスクと対処法についてお話します。ネガティブな力は、周囲のエネルギーをも奪い取る。うつ病者は、その症状のために、いろいろなネガティブワードを口にします。「辛い」「死にたい」「食べたくない」「やりたくない」「動けない」ネガティブな力は、周囲のエネルギーをも奪い取る怖さを・・・

うつ病には調子の良い波と悪い波がある

うつ病は「目に見えない」病気だけに、周囲の人にとって本人の状態を正確に察することはとても難しいことです。調子が悪いうつ病者に対し、良かれと思って「気分転換に動いたらどう?」と言っても、それは本人にとって大変な負担にしかならず、余計重たい気持ちにさせてしまいます。本当なら布団から出たくもない、外に出たくもないところに、気分転換に・・・

うつ病の人が太りやすくなる理由

うつ病治療中に太ってしまったことはありませんか?あるいは、「うつ病の薬は太る」と思いこんで心配してはいませんか?確かにうつ病者は太りやすい環境にいるのかも知れません。うつ病の原因すらしっかりと解明されていない状態では、なぜうつ病者が太りやすいかを根拠立てて説明する術はない、と言っても過言ではない部分があります。そうは言っても・・・

うつ病でも傷病手当金はもらえる!

うつ病で休職をすると給与が入らなくなります。その場合、どうやって生活をしていけばよいのでしょう。あなたが会社員として勤務をしている場合には、頼れる制度があります。それは、会社員として働いている人は健康保険協会、健康保険組合、共済組合などに加入しているのですが、加入者が業務外の病気やケガで働くことができない状態になったとき・・・

傷病手当金を受給するメリットとデメリット

ここまで、傷病手当金を受給する際の注意点をご説明してきましたが、傷病手当金はあなたにもしものことがあったときのためにその生活を保障するための制度ですので、ぜひ利用すべきです。申請から1ヶ月程度で受給でき、給与の2/3の額を得られる。支給開始日から1年6ヶ月受給できる。といった収入の保障は、あなたやあなたの家族にとって・・・