「非定型うつ病」って何?

ここ数年、20~30代の女性に増えている新しい心の病気に、「非定型うつ病」というものがあります。


「非定型うつ病」は、認められてからまだ日が浅く、専門家の間でも十分に理解されているとはいえません。そのため、うつ病や神経症、自律神経失調症といった、ほかの病気と診断されたり、検査で異常が見つからないために病気とは認められず、性格として受け止められてしまうケースが少なくないのが現状でもあります。


「非定型うつ病」では、いつもよりよく食べてよく眠れるなど、従来のうつ病とは食い違う症状が現れるため、うつ病ではないと自己診断し、病気を見過ごしがちになります。しかし、落ち込みは強く、日常生活に支障をきたすほど本人は苦痛を感じているのです。


「非定型うつ病」これまで日本では、『神経症性うつ病』と呼ばれてきたタイプに相当します。『お天気屋うつ病』とも言われ、どんより沈み込んだ状態が続くものの、よいことや楽しい出来事があると、それまでの不調がウソのように、たちまち元気になります。


しかし、長続きはせず、また憂うつな気分に戻っていく、これが大きな特徴です。さらには、上記のように、過食に走って体重が増えたり、いくらでも眠れるなど、私たちが知る従来の『うつ病』とは正反対の特徴を示すため、見逃されやすく、症状を長引かせる傾向があります。


20代~30代に多い「非定型うつ病」

非定型うつ病は圧倒的に女性に多く見られ、10~30代女性のうつ病の多くが、このタイプではないかと言われているそう。


「原因をたどると、不安定になりがちな体質を親から受け継いでいたり、育った環境が影響していると推測され、10代後半の多感な時期をうまく過ごすことができずに芽吹き、時間をかけて進んで、20代半ばになって症状が現れると考えられています。高校生のうちに発症することも珍しくありません。



他人の一言が気になるタイプがなりやすい

非定型うつ病になりやすい人は、他人からよく見てもらいたいという意識(承認欲求)が強く、自分に対する評価が気になるタイプに多くみられるようです。


非定型うつ病の人は、みっともない姿をさらしたくない気持ちが強いため、人前に立つとかえって緊張して手や声が震える対人恐怖の傾向もあります。また、周囲に気づかい過ぎ、自分の気持ちを抑え込んでも他人に合わせようとする特徴もあります。これは、子どものころからのもので、親のいうことをよく聞く“いい子”と言われて育った人が多いようです


「非定型うつ病」チェックテスト


①楽しいことがあると気分が明るくなる

②食欲が増して体重が増えた

③いくら眠ってもまだ眠い

④疲労感が強く手足が鉛のように重い

⑤夕方から夜にかけて調子が悪い

⑦他人の顔色がひどく気になる

⑧朝、なかなか起きることができない


うつ病の主症状である気分の落ち込みが2週間以上続いていることが前提。そのうえで、①のような気分変化が見られ、さらに②~⑥のうち2つ以上心あたりがあれば、非定型うつ病の可能性があります。


非定型うつ病に見られる発症前の特徴的な性格

  • いわゆる「よい子」手のかからない子だった

  • 責任感が強い

  • 自己主張、要求ができない

  • 甘えられない、甘えない

  • 他人に助けを求めない

  • 弱みを見せない

  • プライドが高い

  • やさしい

「うつ病」と「非定型うつ病」の違い

従来のうつ病と非定型のうつ病は、気分の落ち込みという点では一致します。しかし、非定型うつ病では、過食や過眠といった、通常のうつ病と正反対の症状を見せます。食欲、睡眠、落ち込む時間帯などに違いがでてきます。


従来のうつ病は、「定型うつ病」または「メランコリー型うつ病」ともいい、数週間から月単位で気分が落ち込んだまま、食欲もなく不眠状態が続きます。


「これに対し、「非定型うつ病」は気分の変動が激しく、同じように落ち込みはあるものの、うれしいことや楽しいことが身の回りで起こると、一転して気分がよくなり、快活になります。

さらに、定型と非定型では、落ち込む時間帯にも違いがあったりもします。

「定型うつ病では、朝方がつらいものですが、非定型うつ病では、夕方からが要注意。食欲は落ちるどころか増し、好んで甘いものを食べるために太ることも。眠い状態が続く、ささいなことに『けなされた』と過剰に反応する、なども従来のうつ病とは大きく異なる点です。また、パニック発作を起こす人も目立ちます。


病気になったときの治療法と対策

① 心療内科か精神科で投薬やカウンセリングの治療を受ける

「気持ちが落ち込むとともに、これまで関心を寄せていたものに興味が持てず、気力や集中力の低下、疲労感、睡眠障害などが2週間以上続いているなら、まずは『うつ病』を疑い、心療内科か精神科を受診しましょう。そして、このほかに過食や過眠など特有の症状が見られる場合、非定型うつ病と診断されます。


②非定型うつ病の治療の中心になるのは、投薬とカウンセリング

「薬は、定型うつ病と同様にSSRIなどの抗うつ薬、安定剤、抗不安薬などが症状に合わせて処方されます。ただ残念なことに、定型うつ病では高い効力を発揮するこれらの薬が、非定型うつ病では、あまりよい結果が得られていません。そこで、並行してカウンセリングが試されます。


③ トレーニングによって70%の人が改善する?

カウンセリングのひとつが、「認知行動療法」と呼ばれるもの。「非定型うつ病にかかる人は、やさしく穏やかで、自分の気持ちに反しても他者を尊重する傾向があります。それがほころんだときに苦しくなるので、自己主張するトレーニングを行い、自我の確立を目指そうというものです。


方法は、日常生活の中で落ち込んだときの出来事を書きとめ、自分の心のクセを把握していきます。この認知行動療法は、70%の人に改善がみられたとの報告もあり、早ければ3か月ほどで効果が現れはじめます。


また、治療には周囲のサポートも不可欠だといいます。「励ましは定型うつ病ではタブーとされていますが、非定型うつ病では、やんわりと励ますほうが奮起のきっかけになります。また、自分が受け入れられているという安心感を持たせるために、スキンシップも重要です。


非定型うつ病になったときの対策

その1:家事や仕事もいつもどおりこなそう

乱れた体内リズムを立て直すには毎日、目標を持った生活を送ることが大切です。掃除や洗濯などの家事は、すぐに成果が見えるだけでなく、生活環境が整うので、その日の目標にするには最適。仕事を持つ人は、できるだけ普段どおりに出勤し、仕事に取り組んでみましょう。


その2:ダラダラ食いや欠食はやめよう

食事は、1日の生活にアクセントをつける重要なポイントです。3度の食事を規則正しくとることで、脳に定期的に血糖が送られます。すると脳が目覚めて、本来の機能を果たすのです。ダラダラ食いや欠食が続くと、脳が混乱し、生活リズムが崩れてしまうので気をつけてくだささい。


その3:お日様の光を浴びよう

私たちの体の中に組み込まれた生体時計は、朝の光を浴びることでリセットされ、24時間サイクルを刻みます。そのため、日の光はしっかり浴びるのがよいです。さらに、外に出てウォーキングなどの有酸素運動を加えれば、心を安定させる脳内物質、セロトニンの分泌が促され、晴れやかな気分にもなります。


身の周りの人が「非定型うつ病」にかかったら

うつ病の場合と非定型うつ病の場合の接し方にはあ少々の違いがあります。