うつ病と「燃え尽き症候群」

大きな目標を成し得た後のスポーツ選手や長年に渡る勤務を終えた後の定年退職者など、こういう人達にたまに襲いかかるのが、「燃え尽き症候群」と呼ばれる状態です。


ある一つの目標や使命感に向けて長期間に渡って全力を注いできた人達は、ゴールに到達することで、それまでの熱く全身全霊を傾けていたような想いがフッと抜け出てしまうことがあります。


今までの活力に溢れた表情からは生気が消え、心のエネルギーは枯渇し、いわゆる虚脱感に襲われてしまうといった状況です。


実はうつ病という病気はこの「燃え尽き症候群」とも関係があると言われています。全く同じものとは言い切れないが、全く無関係であるとも言い切れない、そんな関係性にある症状です。


これは実際によくある話なのですが・・・

実際に会社で長期に渡る難関なプロジェクトをずっと背負ってきた責任者が、そのプロジェクトの終了を迎え、配置移動などを終えて暫くした後、急にトーンダウンしてしまう・・・今までの過酷な仕事から解放されたとたんに目一杯張っていた気が一気に緩む・・・そこからどんどん元気がなくなってしまう。これが「燃え尽き症候群」の始まりと言えるでしょう。


そこから先は、覇気もなく、現在与えられている仕事もスローペースになっていく。生気のない顔つきになって来たと思ったら、いつの間にかどんどん会社を遅刻しがちになる。


そして、暫くすると心のエネルギーは枯渇していることから限界が来て、休みがちになっていく・・・その結果、うつ病に陥るといったケースがよくあるのです。


  • 「私が頑張らなければいけない」

  • 「くじけてはいけない」

  • 「私が背負わなくてはならない」

そんな使命感を背負い続けていく様は、心理的にもかなりギリギリのラインを保ちながら綱渡りをしているかのようです。体力的にもひどく疲れを感じ、精神的にも追い詰められていっているのに、それでも自分にムチを打って活動しようとする・・・。


それで物事が解決すればまだ良いのですが、うつ病の人のケースでは、解決どころか問題が長引いたり複雑化してしまったために、状況がより悪化することも多いようです。


散々自分にムチを打ってきたのに、その結果待っていたのは「挫折」「折れた心」「エネルギーの枯渇」だったりするのです。


これでは、全身全霊で頑張ってきて心の中には様々な葛藤や疲れもあったことでしょう。それが一気に吹き出すような状態は気の毒過ぎます。


このような流れで燃え尽き症候群からうつ病へと変わってしまう人は大勢いるのが現実でもあるのです。


山登りをする時には、当然ながら、途中で休憩を入れながら、ゆっくりと歩を進めます。人生も同様であり、疲れたら休む、休んでまた歩く、この繰り返しだと言えるでしょう。


この大切なプロセスを忘れて暴走してしまうのが、うつ病になる人や燃え尽き症候群の人達の一つの特徴だと言えるかも知れません。


このことから、うつ病と燃え尽き症候群の関連性は深いものであるとも言えます。


自分自身が「燃え尽き症候群」かなぁ・・・と思った時には、たくさん休息してください。深呼吸することを忘れがちになるので、たくさん深呼吸をしてください。


充分な休息を経て、枯渇した心に潤いを戻して、燃え尽き症候群になることを避けることが、うつ病を遠ざける有効な方法です。


これがうまくできないと、うつ病に陥ってしまう可能性は高いです。