医師とカウンセラーの違い

心療内科(精神科)の医師と、カウンセリングを専門に行ってるカウンセラーとでは、「カウンセリング」に対する解釈が違うようです。


医師がイメージしている「カウンセリング」

医師の場合、カウンセリングとは「患者の話を聞くのがカウンセリング」と習ってきているようです。ですから、医師として適切な治療法を見つけ出すために「患者の様子を聞く」、これをカウンセリングだと言っているのでしょう。そしてその話の様子から、効果が出と思われるクスリを処方することもカウンセリングに伴う仕事の一環だと考えているとも解釈できます。


しかし医師による診察はとても短いので、そのことも踏まえてトータルで考えると、それはカウンセリングと呼べるものではないとも考えられます。しかし、これは決して医師が悪いということではありません。


私達がイメージしている「カウンセリング」

私たちが想像する「カウンセリング」とはどんなものでしょうか。それは、もっと問題の根本部分にまで触れて、今現在自分を苦しめているものからどうすれば解き放たれ、少しでも軽くなることができるのか、それを「共に模索してくれる」ものだという認識が一般的ではないでしょうか。



カウンセラーの仕事とは

実際のカウンセラーの仕事とは、丁寧にクライアント(患者)の背景事情を聞き、少しづつクライアントにヒントを与え、クライアント自身に整理の糸口を見つけさせるのです。


時折り提示されるカウンセラーのアドバイスが、的確にクライアントの心を掴み、そして光ある方向を見せてくれるような希望を与えてくれる・・・そんな感覚に包まれるように導いてくれるというのが、カウンセラーの立ち位置であるのでしょう。

医師とカウンセラーの役割の違い

これらのことを踏まえて考えると、医師とカウンセラーでは、そもそも役割が明確に分かれていると言うことが、分かります。


医師は「病気の原因を特定し治療する人」。だから一旦患者の話を聞いてしまえば、後は毎回10分程度の診察で処方を変えて治療を進めていくだけです。


カウンセラーは「何が原因で現在のようになったのか、よりよい状態にするためにどう環境を変えれば良いのかを一緒に模索し提案してくれる人」です。より患者のこころに踏み込んだアプローチを行います。


医師とカウンセラーの役割は、一部重なる部分もありますが、それぞれの守備範囲は全く異なります。何のために患者の話を聞いているのか、その目的の部分が、医師とカウンセラーでは異なるわけです。


複合的な治療が一番の効果を発揮する可能性が高い

うつ病患者にとっては、両方とも「必要な治療法」ではないでしょうか。これはどちらか1つに頼るということが悪いという意味ではありません。もちろん自分にとって「合うな」と思う方を選択して治療に専念することは正しい選択と言えるでしょう。


但し、もっと欲を言えば、両方の治療を受けることが、より一層の早期回復を促してくれる有効な手段なのではないかとも考えられます。