うつ病でも傷病手当金はもらえる!

傷病手当金って何?

うつ病で休職をすると給与が入らなくなります。その場合、どうやって生活をしていけばよいのでしょう。あなたが会社員として勤務をしている場合には、頼れる制度があります。


それは、会社員として働いている人は健康保険協会、健康保険組合、共済組合などに加入しているのですが、加入者が業務外の病気やケガで働くことができない状態になったときにもらえる「傷病手当金」という制度です。


この制度は、うつ病も対象の範囲に入っているので受給対象となります。


具体的には、給与の2/3の額を最長で1年6ヶ月受け取ることができる制度です。1年6ヶ月とは暦のうえで計算した期間であって、実際に受給した期間ではありません。例えば、復職し受給していない期間があっても、受給開始日から1年6ヵ月後に受給期間が満了します。


傷病手当金は会社からではなく、加入している健康保険協会、健康保険組合、共済組合から支給される給付です。 


残念ながら、自営業者などの国民健康保険の加入者は対象になりません。


傷病手当金の対象者

  • 業務外の病気やケガで療養中であること

  • 仕事が出来ない状態であること

  • 連続する3日を含み、4日以上仕事に就けなかったこと

  • 休業期間中に給与の支払いがないこと(ただし給与の支払いがあっても、傷病手当金の受給額よりも少ない場合は申請可能)

※退職後も傷病手当金を受給できる条件

退職時に1年間以上の被保険期間があり、傷病手当金の受給要件を満たしているかすでに受給していることが条件となります。


健保組合などのホームページにある申請書類に必要事項を記入し、主治医に「仕事ができない状態であること」を記入してもらいましょう。その後、申請書類を勤務先に提出します。会社が「休業期間中に給与が支払われていないこと」の証明をした上で、職場を通して健保組合等に申請されます。


このように請求者が仕事をすることができなかった期間について、医師と会社の証明が必要です。申請後は平均1ヶ月で支給が開始されます。


元々の月給が少なかった人の場合、更にその額の3分の2しか支給されないわけですから、生活は楽ではありません。このため軽いアルバイトをしようと考える人もいます。


ですが、傷病手当金は、基本的に「仕事をすることができない」という前提のもとに支給されるので、アルバイトなどをすることは原則してはなりません。



「健康保険傷病手当金支給申請書」について

健康保険傷病手当金支給申請書は、既定のフォーマットがあります。加入している健康保険組合から郵送で送ってもらうか、インターネットからダウンロードで入手も可能です。


申請書と聞くと「面倒だなぁ」という印象がありますが、自分が書類に記載する事項は、難しいものではありません。


申請書には、



・被保険者(自分)が記入するところ

・.事業主が証明するところ

・治療をを担当した医師が意見を記入するところ


が、あります。


被保険者(自分)が記入する事項

  • 被保険者証の記号・番号(保険証に記載されています)

  • 被保険者の氏名を記入(自分の名前です)

  • 住所

  • 生年月日

  • あなたの仕事の内容

  • 休養のために休んだ期間(月単位)

  • 休養の理由(何故、就業出来ない状態なのか、詳しく書くことが効果的)

  • 傷病手当金の振込先銀行の情報

の上記内容で終了です。その他の空白欄は事業主(会社)と治療を担当している医師が書く欄になっています。


作成のステップとしては、

1・自分が記入するべきところを記入する


2・医師に記入してもらうべき箇所を記入してもらう


3・事業主(会社)に記入してもらうべきところを記入してもらう


以上で、申請書の完成です。完成後、保険組合に提出をして完了です。提出は事業主が行ってくれる場合が多いです。