うつ病になった時の自分のキャパシティを知っておこう

うつ病になると、必ず誰しもが経験する2つの「段階」


1.エネルギー枯渇段階(何も考えられない)

2.気力回復段階 (考える余裕がやや生まれたために色のない未来が見えてしまう)


「1.エネルギー枯渇段階」は、身体も動かず頭も心も活動停止、それこそ布団の中でずっと動かず臥せっているような状態をさします。まったく何も出来ない状態です。


「2.気力回復段階」は、自分の意志で少し動けるようになってくる段階です。実はこの「2.気力回復段階」に入った時には、注意が必要になってきます。


少し動けるようになるとうことは、少しモノも考えられるようになってり段階なので、自分のこの状況を悲観的に考えてしまう傾向がとても強いのです。この時期は「危ない時期」とも言われています。


将来への悲観、元通りになりたい願望、などがどんどん溢れ出してきます。最悪なのは、自殺願望が芽生えたり、実際にその行為を行ってしまうことです。


よって「2.気力回復段階」の入口は、気持ちの方向性としてはネガティブ極まりない、ということは確かなことです。


「考える余裕が生まれた」状態へと変わることになる


が、しかし、これを別の側面からみると『ほぼ活動停止状態だった頃に比べると考える余裕が生まれた』と言うことでもあるんです。


湧いてくる願望と現実とのギャップ

少しずつ日常生活や仕事に手を付けられるようになってくると、願望が湧いてきます。


  • 「以前のように元気に生活したい」

  • 「以前のようにバリバリ動いて働けるようになりたい」

そういう想いの背景には、「生活するいうことにに対する義務感」や「現実的な経済問題」などが存在し、だからこそ「療養という言葉の名を借りてダラダラしている場合ではない」、と考え出すケースがあるのです。


以前のような生活や仕事に着手して、あれこれ頑張り始めるその心の中では「何とか以前のように・・・」という強い想いが、むくむくと湧いてきます。そして「もう、出来るんじゃないか」という思考がアタマをかすめるのです。


言うなれば、「以前と全く同じように活動できる自分」を実感することで、自分の存在価値を確かめるような感覚とでも言いましょうか。


しかし、現実的には違います。まったく違うのです。それは何か。うつの前後では明らかに「自分の処理能力が落ちている」ということです。おそらく本人自身はきちんと自覚するはずです。


心も頭も回転力が以前より激しく落ちている

うつになる前であれば、サクサクと複雑なタスクをこなすことができていたとしても、うつによる休職を経て復職した時は、人と関わること自体が激しくエネルギーを消耗し、一日を消化するだけでグッタリしてしまうものです。物事に対する処理能力も明らかに効率が落ちていることは明白です。なんせブランクがあるのですから、避けるコトはできません。


なぜなら、うつを始めとするメンタル系の疾患では、心も頭も回転力が以前より激しく落ちている傾向が強いからです。


しかし、ここで自分自身を「やはり自分はダメだな・・・使えない人間になってしまった・・・」と、自分を責めてはいけません。
前項【うつ病でも「できること探し」をしよう】でご紹介したとおり、復帰はゼロからのスタートであるわけですから、「できること・できたこと」が増えたら自分を褒めるようにしましょう。その方が、結果、軌道に乗るのが早くなるからです。


慌てず騒がず「段階的にポジティブになる」を実践する重要性

だからここで決して慌ててはいけません。ここで取り入れて欲しいのが「段階的にポジティブになる」ということです。


「考える余裕が生まれた」状態をうまく使うことで、ネガティブから「段階的にポジティブになる」へと変換する時期を設けることです。


「心も頭も回転力が以前より激しく落ちている」状態とは、以前の健康な状態よりも自分の「キャパシティが狭くなっている」からなんです。それは間違いなくうつ病によって引き起こされる現象なのです。避けては通れません。


この狭くなったキャパシティをどのように広げていくかが、最大のテーマです。それには「段階的にポジティブになる」という方法が効果的であると判断できます。


まず、うつ病を患った人の、物事に対するキャパシティは「小さく・狭い」ものであると理解してください。でないと必ずオーバーヒートを起こし、せっかく動けるようになった状態から、再びうつの病状へと逆戻りしてしまいます。


そこで、逆戻りをしないためにも、まずは「現実」を受け止めるところから始めましょう。


  • 自分が以前はできたことはなんだろう。

  • 今できなくなってることはなんだろう。

  • 何にブレーキがかかって制限されているんだろう。

このように、今の自分を苦しめている要因を冷静に直視することです。この時感情的にはならないでください。自分を責めてしまうことにもなりかねません。あくまでも冷静に客観視をするつもりで、挙げてみてください。そして、その中の「効率が悪い部分」とも付き合ってく前提で付き合う覚悟で自己観察するのです。


そして目指すべきものは、「以前と全く同じ自分」ではなく、現在の自分をスタート地点とした「その時の自分にできることを確実にこなす」ということです。


このその時の自分にできることを確実にこなす」を段階的に少しずつ増やしていき、「できた」という小さな達成感を得て都度大きくなっていこうという考えが「段階的にポジティブになる」ということであり、それがとても重要なのです。



「段階的にポジティブになる」には建設的な考え方が必要

段階的にポジティブになるには「建設的な考え方」が必要です。建設的に今の自分にできることを考えて実践する。これが「段階的にポジティブになる」にコツなのです。


人間、長く生きていれば、その時々で、できることできないこと・時期尚早なこと・タイミングの熟したことなどが出てきます。例えば5年前の自分と今の自分が全く同条件で生きているかと言えば、そういうわけでもありません。それは健康な人でも全く同じことが言えます。だから何も心配する必要はありません。みんな同じなんです。ただ違うのは、いまどの辺りにいるかという「ステージ」の違いだけです。


やはり年月や環境に順応して生きています。健康な人であっても歳をとれば取ったなりの生き方、働き方が変化するものです。だから若かった頃のバリバリと働けた時代を今実践しようと思ってもできないのは当たりまえです。


大切なことは「今」の自分に存在する「事実」を受け入れて、その上でどうするかを考える・・・ということなんです。これが「段階的にポジティブになる」にコツであり、「建設的な考え方」なのです。この考え方が、うつ病後の復活を大きく左右します。段階的積み重ねと建設的な思考ははとても重要です。


上記を元に、自分と照らし合わせてみてください。きっと答えがみつかるはずです。