うつ病になったら、一人で悩まず理解者をつくろう

「うつ病」は周り人も自分自身にとっても分かりにくい病気である

健康診断の結果が悪く病気が発見された、身体をケガした、などであれば、とても見た目にも数値的にも明確なので、分かり易いのですが、うつ病については状況が変わってきます。


なぜなら、うつ病はその症状が「判断しずらく分かりにくい」ことに起因します。周囲の人はもちろんのこと、自分自身でもついつい危険な兆候を見逃してしまいがちだったりするくらいですから。


うつ病のわかりにくさの一つとして「症状に波がある」ことです。具体的には、これといった原因がないのに、突然調子が悪くなったりすることです。


昨日まで元気で働いていたのに突然調子が悪いから休みますというと、周囲の人も当初のうちは心配をしてくれると思いますが、それが度々になると上司から注意されたり、同僚から信頼を失ったりすることがあります。


このような職場環境になると、ただでさえ就労をすることだけでも大変なのに、それに重なるようなストレスを抱えることは間違いありません。


では、これをどうやって回避するか。それが課題となるわけです。



うつ病であることを理解し認知してくれる「味方」をつくる

一番大切なのは、「うつ病であることを理解し認知してくれる味方をつくる」ことです。それにはまず「うつ病であることをオープンにすること」が必要となります。


なかなか自分が「うつ病」であるということは精神的に簡単なことではないのは、分かります。でも、これは「病気である自分を守ることに繋がる」のだということを理解してください。自分の状態を正直に話せる環境にあることが大きなメリットになります。


会社の上司や同僚などできるだけ幅広く理解者をつくることが、自分の居場所を作ることに繋がるのですが、そういう環境を作ることが難しいのも事実です。


時には理解をしてくれない周囲に対して失望したり、あるいはその相手に敵意感情を抱いてしまうこともあるでしょう。しかし、そこが頑張りどころです。その理解してくれない環境を嘆くのでではなく、いかに理解してもらい味方になってもらうかという視点で周囲と向き合うことが大切です。


味方になってもらうには?

味方になってもらうためには、理解してもらう努力をこちらから働きかけなければ前に進みません。周囲はあなたのことを理解する素地が決して十分ではないケースも多いでしょう。


何故なら「うつ病とはどういうものなのか」を理解してる人が非常に少ないのです。「Aさんがうつ病なった」と、聞いてもそれは「対岸の火事」のような感覚を抱く人が多いからです。


それをどのように理解してもらうか。やはり、元気な時にできる範囲で構わないので仕事をしっかりしていて、一定の評価を受けておく必要があります。


人間は感情の動物なので、日頃頑張っているなと評価している人の意見は周囲も理解しようとして、耳を傾けようとしてくれます。しかし、日頃の行いが評価されていないと全く同じことを言っても、それはやはり周囲の理解を得ることは難しい場合もあります。

まとめ

味方をつくろうというのは、「うつ病」の症状が悪くなったときに、心や体を休ませることができる環境を元気なときに準備しておくことです。これはうつ病に限らず、全ての病気にも当てはまることであります。


今日までのコミュニケーションでいかに信頼関係を構築できているかが大きなカギとなるでしょう。


しかし自分自身が「日頃の行いが評価されていない」と感じたとしても諦めないでくだささい。誰しもに勤労の権利は与えられています。勤労の権利には「休暇に関わる権利」も含まれているからです。


まずは自分の状況を理解してくれる人を周囲に作りましょう。それができるだけで、自分の置かれる環境がガラリと変わり、精神的にも少しラクになるはずです。