うつ病の治療

うつ病治療の3つの柱

うつ病の治療にはまず第一にしっかりとした「休養」次に「クスリによる治療」そして「精神療法・カウンセリング」という大きな3つの柱で構成されます。


脳の機能が障害が起こしてしまい心のコンディションに響く病気の治療は特別なものと考えられがちですが、決して特別なものではありません。何故なら、さまざまな病気の治療と何らか変わりはないのです。


例えば、「骨折」を例に挙げて考えてみると、よく分かります。


  1. 骨折箇所を正常な状態にして「ギプス」で固定する。これは患部を動かさないようにするため、「休養」にあたります。

  2. そして、腫れや痛みが酷い場合には、痛み止めを使用することがありますが、これが「クスリによる治療」に相当します。

  3. 次に折れた骨を強い骨にするために、日常生活でカルシウムを多く摂取するなどして、生活習慣の対処を変えていくことが、「精神療法・カウンセリング」に相当します。


上記の流れを考えると、うつ病の治療となんら変わりはありません。

だからうつ病は特別な病気であるとは、思わずに治療は他のどんな病気と何ら変わりはないと捉えてください。

① 休養

生命は、傷んだ部分を休ませることで治癒・回復しいく力を持っています。前述の「うつ病ってどんな病気?」で説明したとおり、うつ病は脳のエネルギー欠乏によるものなので、使いすぎてしまった脳をしっかり休ませるということが治療の基本です。


骨折を例に前述しましたが、骨折でも軽いひびが入っている状態と完全に折れている状態では休養の仕方が違うのと同様に、仕事を軽減する、残業をしないというレベルから、仕事を休んで療養するというレベルまでさまざまです。


自宅療養をしていても日常生活で考えてしまうこと、やらなきゃならないと思うことが目に入って落ち着かないというような場合には、軽症であっても一時的に入院するのがよい場合もあります。そうすることにより短期で回復するケースもありえます。

② クスリによる治療

治療にはまず第一に「休養」が不可欠ですが、苦痛な症状により十分に休養が取れない場合があります。また、「うつ病になる原因」」でも述べましたが、うつ病は脳内の神経細胞の情報伝達にトラブルが生じています。そのため、脳の機能的不調を改善し、症状を軽減するためにクスリによる治療が行われます。


身体の病気と同様に「脳という臓器」がエネルギー欠乏の状態による障害が起きているため、クスリを使用することで、エネルギーの補充をするといった感覚で捉えてください。


うつ病には、「抗うつ薬」という種類のクスリを使用することが多いです。抗うつ薬によって、もともと自分が持っているセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が有効に機能するようサポートするのが、抗うつ剤の役割なので、クスリによる治療に抵抗感や過敏になる必要はありません。足りないものを補うと言う感覚で良いと思います。


クスリを使用することにより、もともと自分の脳内の神経細胞内にあるノルアドレナリンやセロトニンなどが、神経細胞と神経細胞の間で多くなるようコントロールされるようになります。


但し、1点心に留めておいて欲しいこととしては、抗うつ薬は即効性のある薬ではないため、効果が現れるまでに少し時間がかかります。効果の発現にはおおむね2週間くらいとお考えください。時にすぐに効果が現れないからと服薬を中断してしまう方いますが、一定期間継続することが大切です。


最近の抗うつ薬は副作用も少ないものが開発されていますが、眠気、胃腸症状などを自覚することがあります。副作用の特徴としては個人差はありますが服薬開始の1週間ほどに感じやすくなるこことが多いです。早い人であれば、1回の服用で副作用が如実に表れるケースもあります。が、しかし、徐々にその副作用も軽減することがほとんどです。


最初の1週間は効果の発現も明らかでないので、副作用のみを感じやすい時期になる場合がありますが、その場合にはが速やかに専門医に相談してください。


何故なら、クスリとの相性も考えられるからです。相性が悪いものは避け、変更をした方が良いので、タイミングを1週間から2週間のタイミングを見計らって判断してください。


クスリによる治療では、まず主治医に処方された薬の効果と副作用についてきちんと説明してもらってください。そして処方された量と回数をきちんと守ることが大切です。


症状がそれほど重くないと感じる、副作用が心配、などの理由から自分で量や回数を勝手に減らすと、主治医は十分な効果が得られないと判断して薬の量を増やす、もしくは別の薬に変えるなどの対応を考えることを視野に入れ始めます。


だから、本当にそのクスリが合うのか合わないのかを判断するためにも、決められた量と回数は守るようにしてください。


副作用など気になることがあれば、一人で判断しないで主治医に相談して解決方法を考えましょう。こうした主治医への働きかけは信頼関係をはぐくむことにもつながります。


それとうつ病の方の場合、不眠を伴っている場合が多いです。また、不安感や恐怖感などで苦しんでいる方もおられます。これらの症状には睡眠導入剤や抗不安薬(精神安定剤)などが併用されることがあります。これらの薬物は抗うつ薬と違って即効性がありますので、服用後から効果が現れます。

③ 精神療法・カウンセリング

うつ病になる原因」の項でも述べましたが、「うつ病を引き起こす原因はひとつではない」ので、「休養」と「クスリによる治療」のみでは治療が完璧ではない場合があります。何故なら、抗うつ薬であなたの「環境要因」は解決しませんし、ましてや性格傾向も変わりません。

そして、心療内科や精神科は、保険診療であることから考えてどうしても一人当たりに割ける時間は短くなってしまうので、ゆっくり話を聞くことに限界があります。一人当たりの診察時間は5~15分程度だと思ってください。初診の場合には、30分程度かけてくれたりもします。


しかし、それだけでは自分の症状や気持ち・感情の説明をするに時間が足りないということは往々にしてあります。


そこで、有効となってくるのが精神療法・カウンセリングです。カウンセリングは医師ではなく、「臨床心理士」が行ないます。


臨床心理士は長い時間をかけて(1回50分程度)、一人ひとりの気持ちを受容、共感、傾聴することを一番に重視しています。カウンセリングは、自分の感情を表現したり、自分の問題をカウンセラーと一緒に考えたりすることで、気持ちを楽にし、その楽になった状態で「自分がどうしたらよいのか」「自分がやりたいことは何なのか」など、自己理解を深め解決方法を見つけていくものです。


この精神療法・カウンセリングは主に再発予防という観点が中心です。同じような状況の中で、うつ病が再燃・再発しないように、ご自身の思考パターン・行動パターンを見直すということです。


もちろんそもそもの「病気を治す」ということも目標の一つになりますが、病気ではなくても悩みや話したいテーマがあれば、それはカウンセリングの大事な目的になります。


「精神療法・カウンセリング」の中でも代表的なのは「認知行動療法」、「森田療法」、「内観療法」などさまざまな治療法がありますが、共通している点はご自身の中に持つ「生きる力」を見出す点です。


重要なこととして、精神療法・カウンセリングは心の専門家が一方的に行うものではなく、患者さんが専門家とともに考えていくという「自主性」が必須となります。骨折を例に前述しましたが、医師やカウンセラーが食事指導を行った際、大切なのは患者さんが食生活習慣を改善する意志と行動であるのと同じです。


それと、カウンセリングと医療では「病気・症状を治す」際において視点が異なる部分があります。医療機関での治療を長期間続けてもなかなかよくならないという場合には、異なる視点でのアプローチとしてカウンセリングを考えてみるのも大事な選択肢だと思います。


薬物での治療とカウンセリングを平行して行うことがもっとも治療に適しているというデータもあります。


どちらを受けることが正しいということは自分で判断することが難しく、迷うこともあるかもしれませんが、カウンセラーがお薬の治療も平行して行う必要があると判断した場合には、医療機関をご紹介することも可能です。


最後に、カウンセリングの場合、医療機関ではないため保健が適用されません。おおよその相場感は1回(50分程度)の料金は1万円前後です。高額なので、金銭事情が逼迫している人の場合、なかなか手が出せない場合もあるでしょう。


なので、今の自分の状況や金銭的都合を加味した上で、利用するかどうかは判断をしてください。