「やる気が出ない」 ー目標を小分けにしてみよう!ー

「やる気が出なくなる」理由はたくさんあると思います。その中でも恐らく多いのは、「目標に達成できないかもしれない・・・」或いは「そもそも目標自体が無謀だ・・・」、「自分にはそこまでの実力はない・・・」「この目標はとても面倒な目標だ・・・」などなど、「目標」がキーワードになっている場合が多く、その目標が苦痛な状態となり、意気消沈してしまうことではないでしょうか。


高い目標を掲げることは素晴らしいことだと思います。ただ、いきなり登山未経験者がエベレストの頂上を目指すのは、無理があるのでは・・・ないでしょうか。


登山をする人は、徐々にその登る山の難易度を高めながら達成を繰り返し、更なる難関である山を目指していくものです。その都度の達成感が自信となり、さらに「上へ」と思う心から目標が生まれ、そこで初めて更なる「やる気が生まれる」ものなのです。


目標を小分けにしてみる

目的地を目指すとき、山あり谷あり、平坦な道や曲がりくねった道、いろんなシチュエーションに遭遇することでしょう。そんなシチュエーションに出会したら、そこで小さな目標を立てます。


想定していなかった場面であるなら尚更です。例えば、小さな目標として「この山を越えたら・・・休憩!」「この谷を下ったら食事!」「曲がりくねった道の先まで出たら、今日はそこで野宿!」などと設けてみたらいいのです。


あるいは「この階段を登り切ったら・・・きっとしばらくは平坦な道だろう」「この短い階段なら、一気に駆け上がれる!」などと想像をして目標を設定するのがよいことなのです。


日常の目標を小分けにする

あとは細かく段階を決めて、目標を設定するだけです。時には目標達成のご褒美をステップに用意することも良いでしょう。


ただ毎回のご褒美は「当たり前化」したり、ご褒美がないと「やる気が出せない体質」になりかねないので、程々にしてくださいね。


一段一段の目標を踏みしめて、達成感を味わい「やる気」を磨いて前進してみてください。いきなり高い目標を掲げることが偉いわけではありません。


そこに至るまでの工程を確実にこなして階段をあがる方が、よほど立派だと思います。「目標負けしない」、そんな体質を作るつもりでトライしてみてください。