「やる気が出ない」 ー モノを捨ててみよう! ー

やる気が出ない・出せない時に限って身の周りは散らかる

これはある種仕方のないことなのかもしれないのですが、「やる気が出ない・出せない時に限って」、身の周りは荒れてきます。そう、散らかるのです。


散らかるとより一層、やる気のトーンが落ちていき、負のスパイラルに陥る可能性が高いです。


忙しくてそこまでてが回らないという人もいるとは思うのですが、でもそれを放置していると、パワーが落ちてきます。これは間違いありません。散らかっている中で気持ち良く休息することは不可能と言っても良いでしょう。


まずは整理整頓から始めよう

キッチンに溜まった洗い物、洗濯物、ちらかったテーブルの上、部屋の導線に積み上げたモノなど、スッキリ片付け、収納する。それだけでも、部屋の印象は変わります。変わればその分スッキリして、落ち着ける空間になるでしょう。


休息のため、快適に生活するためにも「散らかったら、片付ける」を習慣付けてください。


断捨離しよう!

モノが溢れかえってる部屋は、落ち着きません。収納スペースが潤沢にあれば、そこにしまえばよいのですが、昨今の住宅事情を思えば、収納が潤沢にある部屋の方が少ないのでは?と思います。そうなると今度は「断捨離」の出番です。


本当にいるものなのか、もう要らないものなのかをよく考えて仕分けをしてみてください。いっそのこと片っ端から捨てて、新たに一新するのも手です。もちろん、効率良く収納できる範囲であることが前提ですが。


なかなか捨てられないものってありますよね。洋服、雑貨、人からのもらいもの、本や何かの資料など、数え上げたらキリがないでしょう。自分で絞り込みををして本当に必要なものなのかを吟味してください。捨てるのが忍びないと言う人は、売ってしまうのも手でしょう。とにかく手放すことが重要です。


人はその時は「必要」だと思って、「買い足す」のは得意ですが、捨てるのは苦手・・・というひとが意外と多いです。部屋に入ってくるものがあるのに「部屋から出て行くものがない」状態は、荷物で部屋が溢れかえる最大の原因です。「何かを入れたら捨てる」という習慣を身に付けた方が良い場合もあるでしょう。


スッキリとした部屋で気分をスッキリさせよう

部屋を整理整頓し、断捨離をすることでスッキリできると気分がイイものです。それを機会に模様替えをしたら尚良いかもしれません。自分の部屋はスッキリと落ち着ける場所として維持することは、鋭気を養うことにも繋がります。そもそも英気を養うことができなければ「やる気」を起こすこともできませんから。


1日「やる気を持って」頑張って、休息するために帰ってくる「部屋」です。神経をホッと緩められる部屋が良いに決まってます。スッキリとした部屋はよい気をもたらすので、そういう観点からもやる気を養うには持ってこいです。


もしも部屋にモノが溢れかえってゴチャゴチャした状態であるならば、是非実践してみてください。