「やる気が出ない」 ー 朝令暮改 を実践してみる ー

朝令暮改(ちょうれいぼかい)とは?

「朝に命令を出して夕方それを変えること。」=「朝決めたことを夕方には変更して実践すること」ということです。状況に合わせて臨機応変に立ち回ることと捉えれば、良いのではないかと思います。


朝令暮改を実践してみる

予め決めてあった予定よりも「こっちの方がイイ!」と思えたら、即変更して行動するということがとても有効な場合があります。それがまさに「朝令暮改」です。


また、そもそも予定が何らかの原因で崩れることもよくあることです。その場合、すぐに何をすることが最善なのかを考え行動することが大切なんです。


よく考えて練り込んだ予定が崩れるのは、少々ショックを感じるかもしれませんが、そうは思わず前向きに捉えるようにしてください。直ぐに立て直すことが「やる気の維持・向上」に繋がります。


最先端企業は「朝礼朝改(ちょうれいちょうかい)」も当たり前

時代はどんどん加速して進化している昨今、時代の最先端をいっている企業では、「朝令暮改」では間に合わないなんてことがあるそうです。そんな企業は「朝礼朝改」が当たり前だという話もあります。


すごいですね。どんどん変化をさせて波に乗ろうとする姿勢は、大変ではあるでしょうが、よりよいモノを生み出す為には必要不可欠なのでしょうね。


私たちは「朝礼朝改」とまでは行かなくとも、「朝令暮改」も念頭に置き、フレキシブルに物事に対応できるようでありたいものですね。


フレキシブルに動ける人は「やる気」のある人です。予定が狂うことで「やる気をなくす」人も大勢いますから。そんな中、どんな状況でも立ち振る舞うことができる人は「やる気満々」だからできると言えます。是非、私たちも見習いましょう!