うつ状態一覧

双極性障害を疑う症状

うつ状態に入ってる時では、双極性障害かどうかを見極めるのは非常に難しいです。症状の違いがあったとしても、後から気づかされることも少なくありません。双極性障害の診断をしていくには、治療のはじめに疑うこと、治療効果が不十分なときに疑うこと、の2つが大切です。疑って初めて、症状がみえてきます。

双極性障害(躁うつ病)とは

双極性障害は気分が高まったり(躁状態)落ち込んだり(鬱状態)、躁状態とうつ状態を繰り返す、精神疾患の中でも「気分障害」と分類されている疾患のひとつです。昔は「躁うつ病」と呼ばれていましたが、現在では両極端な症状が発生するという意味の「双極性障害」と呼ばれています。生活(家庭や仕事)に重大な支障をきたし、人生に大きな・・・