うつ病一覧

「やる気が出ない」を放置したらダメ!

「やる気が出ない・出せない」状態は、物事を放棄しがちになります。当然のことながら、放棄してしまえば、物事が進化することはありませんし、返って悪い方向へとどんどん進んで行ってしまうでしょう。それが分かっていても、どうしても「始めの一歩」が踏み出せない・・・なんて、ことは、あるかと思います。これは決して珍しいことでは・・・

障害年金手続きにおける「日常生活状況」の記載について

申請には医師が記入する診断書類が必要で、その書類にはうつ病者の「日常生活状況」に関する観察項目があり、「患者は現在どのような病状か」「その日常生活に支援は必要か」「家族の協力があればできることは何か」などが書き込まれます。日常生活を問題なく送ることができるなら年金は無用ですし、日常生活に支障があるようなら年金支援は・・・

うつ病と障害年金

病気やケガで生活や仕事などが制限される場合、国の公的な年金を受けられる場合があります。「障害年金」というものです。これは病気やケガで生活や仕事などが制限される場合、受け取ることができる年金です。ただ残念なことに、障害年金の制度自体があまり知られていません。 また、障害年金制度を知っていても・・・

うつ病と自立支援医療(精神通院医療)

うつ病の治療には、お金がかかります。特に薬代は比較的高いです。うつ病の重傷度によっては仕事ができず金銭的余裕がないなかで、生活費の中から治療費をやりくりしながら病院へ通っている人も少なくないでしょう。そんな時に頼れる制度があります。それは「自立支援医療(精神通院医療)」制度というものです。「自立支援医療制度(精神通院医療)」とは・・・

傷病手当金を受給するメリットとデメリット

ここまで、傷病手当金を受給する際の注意点をご説明してきましたが、傷病手当金はあなたにもしものことがあったときのためにその生活を保障するための制度ですので、ぜひ利用すべきです。申請から1ヶ月程度で受給でき、給与の2/3の額を得られる。支給開始日から1年6ヶ月受給できる。といった収入の保障は、あなたやあなたの家族にとって・・・

うつ病でも傷病手当金はもらえる!

うつ病で休職をすると給与が入らなくなります。その場合、どうやって生活をしていけばよいのでしょう。あなたが会社員として勤務をしている場合には、頼れる制度があります。それは、会社員として働いている人は健康保険協会、健康保険組合、共済組合などに加入しているのですが、加入者が業務外の病気やケガで働くことができない状態になったとき・・・

うつ病の人が太りやすくなる理由

うつ病治療中に太ってしまったことはありませんか?あるいは、「うつ病の薬は太る」と思いこんで心配してはいませんか?確かにうつ病者は太りやすい環境にいるのかも知れません。うつ病の原因すらしっかりと解明されていない状態では、なぜうつ病者が太りやすいかを根拠立てて説明する術はない、と言っても過言ではない部分があります。そうは言っても・・・

うつ病には調子の良い波と悪い波がある

うつ病は「目に見えない」病気だけに、周囲の人にとって本人の状態を正確に察することはとても難しいことです。調子が悪いうつ病者に対し、良かれと思って「気分転換に動いたらどう?」と言っても、それは本人にとって大変な負担にしかならず、余計重たい気持ちにさせてしまいます。本当なら布団から出たくもない、外に出たくもないところに、気分転換に・・・

うつ病 家族への伝染

うつ病者の家族を世話する方が、新たなうつ病患者になるリスクと対処法についてお話します。ネガティブな力は、周囲のエネルギーをも奪い取る。うつ病者は、その症状のために、いろいろなネガティブワードを口にします。「辛い」「死にたい」「食べたくない」「やりたくない」「動けない」ネガティブな力は、周囲のエネルギーをも奪い取る怖さを・・・

うつ病患者がいる家庭環境の作り方

うつ病の人が家の中にいると、どうしても生活リズムが合わなくなってきます。 抑うつ症状から食事を取らなくなったり、睡眠薬によって朝起きれなくなったり、自然と家族で食卓を囲む機会が減ったりします。睡眠薬の適量が見つかるまでは、睡眠の状態も安定せず、昼頃にならないと起きてこないこともしばしばでしょう。薬の副作用から、黙って座っていられず・・・