依存症一覧

双極性障害を疑う症状

うつ状態に入ってる時では、双極性障害かどうかを見極めるのは非常に難しいです。症状の違いがあったとしても、後から気づかされることも少なくありません。双極性障害の診断をしていくには、治療のはじめに疑うこと、治療効果が不十分なときに疑うこと、の2つが大切です。疑って初めて、症状がみえてきます。

うつ病とアルコール依存症

うつ病の人は依存症を持っている傾向があります。一番関連性が高いと言われているのはアルコール依存症です。これには、うつ病からくる不安感やイライラなどを解消するためにお酒を飲む場合と、不眠の状態であるが故アルコールの力を借りて寝ようとする依存によって何とかしようとする場合があります・・・