認知行動療法一覧

双極性障害 ー 心理療法 ー

双極性障害は、単なるこころの悩みではないため、カウンセリングだけで治るものではありません。しかし、この双極性障害という病気そのものをしっかり理解し、それ対するこころの反応に目を配りつつ、治療が円滑に運ぶよう援助していくための精神療法が必要です。この精神療法を、医師の立場からは、心理教育・・・

うつ病に悩む 中学生・高校生

昨今では、中学生・高校生のうつ病も珍しくなくなりました。過去には。青年期(思春期)での精神的な混乱状態は発達過程の正常な状態とされていましたが、1970年以降、青年期を対象に成人のうつ病基準をそのまま用いた研究が多くなされました。「うつ病」は、実は小学生でもなることがあり、中学生以降は急激に増えて・・・

うつ病とカウンセリング ー認知行動療法ー

近年ではそれに追加して「心理カウンセリング」を受けることで、治療の効果が一層高まると言われてるようになりました。うつ病は1度よくなっても、再発する可能性が高い病気とも言われています。主にカウンセリングでは、「うつ病になったきっかけ」を振り返り、「同じようにならないためにはどうしたらいいか」をカウンセラーと・・・